スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
スッポンサンクスデー
今年のサンクスギビングデーは
朝からものすごい突風が吹き荒れていた為、
パレード中の巨大バルーンがバランスを失って電灯に激突。
その電灯が壊れて通行人に激突した為
けが人が勃発し、エライ騒ぎになっておりました。

一方。
アタクシの部屋では、
空気の入れ替えで開けていた窓を締めようとした際、
窓のトメガネが外れて閉まらなくなってしまい

  室内突風警報発令。

資料用の紙類や新聞がバッサバッサと部屋内に舞い上がり、
冷たい風がビュ~ビュ~~~。
個人レベルですがエライ騒ぎになっておりました。

しかも、
閉まらなくなった窓をとにかく締めなければと
全体重をかけて必死に上から押さえていたのですが、
バキっという妙な音が、、。
嫌な予感がしつつも
とりあえず、数分後、なんとか窓は閉まったのです。

が。

たった今、閉まったはずの窓が
今度は何故か自動でウイ~ンと上に上がって行くのです。

、、、再び、室内突風警報発令。

いや、これは避難警報かもしれん、、。
っと、不安が脳裏によぎる中、
とりあえず、原因を究明しようと
ものすごい突風を全身に浴びながら
窓のサンをよ~くみることに。

窓のサンの中には
窓を上下に動かす為にドリルのようなネジがついていたのですが
ネジがグルグルあがっていけば窓は上に上がり
ネジガグルグル下に下がれば窓は閉まる。
といったかなりアナログなシステムになっていたわけです。
どうやら、先ほどのバキっという鈍い音の原因は、
下に下がる為の留め金の部分が壊れた音だったことが発覚。

夏場だったら、
ネジが壊れようとも自動的に窓が開いてくれるなら
ひじょーに画期的で喜ばしいことなのですが、
今は、突風吹き荒れる極寒の季節でございます。
しかも、サンクスギビングデーの為、
大家を初め、ハードショップもクローズ状態。
とはいえ、窓を閉めなくては大変なことになってしまいます。
そこで、とにかく応急で何かつっかえボウをしようと
それらしいものを手当り次第に試みた所、
以前から我が家で活躍していた
トイレの『スッポン』がピッタリ
窓に当てはまることが判明。

世間は、家族でターキー感謝祭。
しかし、アタクシにとっては
窓にはスッポン。サンクス スッポンデー。
とうとう、来るところまでキタか、、
という感じがヒシヒシとしないでもない
今日この頃でございます。
 
<本日の関係ない一言>

和泉元彌さんっていつからプロレスラーになったんでしょう?
 >今年の七不思議ランクイン候補にしよう
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/11/26 10:25】 | day book | トラックバック(0) | page top↑
一人SM治療院
シャワー室の電気節約の為、
普段、ガラスの容器に入ったキャンドル(99セント)を
灯り代わりに使っているのです。
ですが、3日前。
そのキャンドルがシャワーを出る直前に不覚にも完全燃焼。
当然、瞬時にシャワールームは真っ暗。
しかも、アタクシ、視力がヒッジョーに悪いため、
シャワールームから出る際、
出口の足下に置いていたキャンドルグラスがよく見えず、
うっかり蹴っ飛ばしてしまい
気づいた時には
割れたガラスの上に右足で全体重を思いっきり載せた状態に。

ある意味、昔世間を騒がせた
とある新興宗教の方々の修行中のポージングに近い状態です。

しばらくすると、
熱湯シャワーを浴びたばかりだったせいもあり、
頭に血の気が回っていた為、
脳に『傷み』たるものがなかなか到達しないのです。
呆然と足の裏からにじみ出てくる
赤い色がぼんやり見えて来た頃、
やっと次第に何かこう足の裏から
じわ~~と痛みがこみ上げてきたのですが、
その瞬間、床は見事なまでの鮮血の海。

 うお~~~~~!!!!!!

 そして、鮮血流れでるでる右足の裏をおそるおそる見ると 
 10センチ強縦長の一本の斜めにゆがんだ線。
 グロテクスなまでにパックリ開いた傷口。
 素人判断しても、これはどう見ても
 何針か縫わなくてはいけない状態のような、、。

再び、うお~~~~~~~~~!!!!!!
助けて~~
ブラックジャック~~~~かっも~~~~~ン~!

っと、呼んだところで来る筈もない。
その鮮血流れ出る状態はまさに、
よくドラマ等で見る
殺人現場のシーンそのものでして、
気が弱い方は、多分卒倒してもおかしくない状況で
ございます。
さすがのアタクシもその血の海には大変動揺いたしました。

しかし。

アタクシこう見えて性別的には
血に強いと言われる『女』でございまして、
月に一度の女性デーを初め、キレジ持ちでございます。
普段からある意味、鮮血系は慣れている為、
たかが、これしきの鮮血で卒倒するようなタマではございません。
しかも、これしきのことで、
医者にかかるほどの余裕もございませんので、
頭を拭く為に予め用意しておいた
弟キャー坊からの救援物資産の
『下呂温泉タオル』で止血後、
ひょこひょこ足を弾きづりながら台所に行き、
先月、友人が我が家に遊びに来た際に置き土産にしていった
屋久島名産のイモ焼酎『三岳』が目に入り、
大変、もったいないとは思いつつも応急消毒。
その後、
以前、愛犬が爪を追った時に活躍した
トラのマークでおなじみの万能薬
『タイガーバーム』を傷口に
ヒーヒー言いながら、すりこみ、
再び、包帯代わりに下呂温泉タオルで
むにゅ~っと縛ってみたところ
湯上がり&大量出血の為、なんだかだんだんいい気持ちに。
そして、知らず知らずと
何故か笑いがこみ上げて来たのです。

この姿を多分、他の方がみたら、間違いなく
『一人SM治療』で喜んでる変態女です。

とはいえ、さすがに傷口が深かったため、
その日は、一歩踏み出すのもさすがに辛かったのですが
まっ、そのうち治るだろうと、
地道に

『イモ焼酎&タイガーバーム&下呂温泉タオル』

この組み合わせ治療を3日かけておこなったところ、
あんなにぱっくり開いていた傷口が
本日見事、封鎖したのでございます。。
しかも、あんなにひどい傷みまでもピタっと止まったのです。

どう考えても、
医学が進歩したこの現代で、
偶然そこにあったものを組み合わせ
咄嗟に編み出したアタクシ独自のサバイバル治療法ですが、
この3点セットの恐ろしい程の効き目に
自分でも驚きを隠せない次第です。

しかしながら
人間とは、生命力に伴い
回復力のスピードもアップするのかもしれません。
ある意味、
自分の中の人間本来の回復力も
同時に見なおした瞬間です。
何事も、諦めてはいけませんね。

っということで、
これから、海外にお越しの計画のある方。
是非『タイガーバーム』は非常時の常備薬として
ご持参することを強くオススメいたします。

ちなみにですが、
正露丸によく似た『百草丸』という胃腸薬があるのですが、
これ、犬が下痢を起こした時に飲ませてみたら
一発で効いております。
動物病院の治療費を節約したい方。
胃腸の弱い方にはこちらも併せて是非。

<本日の報告>

ミュージックアワーという音楽番組で
シンディローパーが大正琴を弾きながら
名曲『タイムアフタータイム』を熱唱してたよ。
 
 >かっこよすぎっす。現役金髪刈り上げヘアと共に。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/11/23 12:22】 | day book | トラックバック(0) | page top↑
『生麦生米生卵』統計記録報告

『ワタシ~~ニホンゴシッテルヨ~』

っと豪語する異国の方々が知ってる日本語というのは

 おはよ~ございます。
 こんばんわ~。
 こんにちわ~
 ありがとうございます。

などなど、大抵このような『定番アイサツ語』が多いようです。

しかし。これが

『ワタシ~ニホンゴチョットハナセルヨ~』

っと意気揚々おっしゃる異国の方々になりますと

 ナットウ~たべれませ~ん
 ミソシル~おいしいね~
 ワサビ~ハナにツンときますね~

などなど。
このように、日本の代表する食べ物ネタを交えた
日本語をとても嬉しそうにお話になります。

そこでですね、
この、

 *日本語知ってるよ~
 *日本語ちょっと話せるよ~

っというそれぞれの方々にですね、
アタクシ、こちらに来て以来というもの
各々の出身国関係なく

『じゃあ、生麦生米生卵って知ってる?』

っと投げかけてみるとどうなるか?

この実験を試みてきましたところ、

 肌の色の白い方々の反応は
 
  『、、、、、、、、、』

このように瞬時お固まりになられる傾向があります。

が、

 これが所謂肌の黒い方々になりますと

  『ヒ~~~~っ~~超おもしれ~~~~~』

っと、今にも倒れそうになるくらい無条件でバカウケなのです。

 何故だかわかりませんが、
 今の所、アタクシの統計的には
  
  『白人固まる』or『黒人バカウケ』

といった、この2種類にぱっくり分類され、
数字的には『50:50』といった
みごとな統計ポイントをたたき出しております。

とりあえず、
今後も多種多様な人種溢れるNYにて
この『生麦生米生卵統計記録』は
気長に続けていく所存にございます。
ちなみに、
アタクシ、所謂黄食人と呼ばれるアジア全般の友人がいない為
上記の統計には繁栄されていません。あしからず。

<本日のレポート>

トナリの部屋の新しい住人のおねーさんが
おねーさんと熱烈接吻かましてたよ>愛って色々だね

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/11/21 11:48】 | day book | トラックバック(0) | page top↑
切なさのお裾分け
そろそろ、
クリスマス用のオブジェが飾られ
気温も日増しに下がってきている今日この頃のNY.
そんな折り、
何か、こうアツアツウマウマな食べものが食べたい、、、
っと、思ってた矢先、
弟きゃー坊から届いた救援物資の中に
インスタントの『月島もんじゃ』が
ひっそり一袋入っていたのです。

おお~~
”もんじゃ”じゃないか~!!

これこそ、まさに
アツアツウマウマです。
素晴らしい。>大感動

っと、大喜びする傍ら、
ふと、思ったのです。

どちらかといえば、
『もんじゃ焼き』はホットプレート向きです。
勿論、フライパンでも出来ないことはないのですが、
本来、大勢でワイワイやるべき月島もんじゃを
台所で一人、
フライパンから直食い&立ち食い。

 想像するだけでかなりせつない光景です。

しかも、たった一袋を送ってきた。
これ、妙にひっかかります、
そこで、その理由を弟キャー坊に訪ねたところ、
しがない自宅作業&一人暮らしの末、
買い置きしておいた『インスタントもんじゃ』を
台所立ち食い&フライパン直食いで決行したところ
そのあまりにもみすぼらしい自分の姿に耐えきれなくなり、
『切なさのお裾分け』として
救援物資の片隅に月島モンジャを忍ばせたようなのです。

ある意味、違った意味で姉思いな弟です。

そして、アタクシ達姉弟は、
海を隔ててまでも、
今日も台所で立ち食い&直食いの日々を過ごしながら、
お互い『ひもじい生活状況』からの脱出を夢見ているのです。

<本日の報告>

愛犬ジョジョの腹が何気に膨れ気味なのですが、
ベンピなのかインベーベーなのか今ひとつわからない。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/11/17 09:37】 | day book | トラックバック(0) | page top↑
アーメントウモロコシ
野菜売り場の片隅に
人知れずひっそりとある見切り品のコーナーにて
本日は、5本で99¢の『トウモロコシ』を選んだのです。
レジにもっていったら
顔見知りのレジのおねーちゃんが
そのトウモロコシのパックをマジマジとみながら
 
 『ねえ、ムシが動いてるよ。ほら』

っと、パックの中を指差すのです。

ムシ?? 

よ~く見てみると、確かに小さな黒いムシが一匹
ウニョニョ~っと動いているのです。

『ほら、いるでしょ~。やめといた方がいいよ。』

レジのおねーちゃんはとても親切なのです。
っというよりも、
ムシが涌いているトウモロコシなんざ普通は喰わねーだろ。
っと、思うのが普通の人の発想です。
ですが。
アタクシは普通の方々とは少しばかり違った発想を駆使し、
日々を暮らしている身でございます。
ムシが一匹いるぐらいでビビルるわけにはまいりません。
いや。
ムシごときで本日の食事がなくなることの方が
むしろ残酷な事なので当然、

 『大丈夫だよ、買うよ。それ。』

っと、なんの迷いもなく答えたのです。

すると
いきなりレジのおねーちゃんがかなり慌てた声で

『ちょっと~この子、
  ムシが涌いてるトウモロコシ買うっていうのよ~
   どうしよ~~~』

っと、隣りのレジのおねーちゃんに叫んだのです。
すると今度は
隣りのレジのおねーちゃんが

『お祈りよ。お祈りしときなさい』

っと、アーメンポーズをするのです。

 ええ~~~~~?????

気がついたらレジのおねーちゃんも含め、
アタクシのレジに後ろに並んでいた知らないおばちゃんたちも
みんなアーメンポーズ。

 もはや、スーパーのレジは生ライブジ~ザス状態、、

とこからともなく、
聖歌隊が現れるんじゃないかと思わざる得ない状況に
あっけにとられつつ、
なぜかついつい、
一緒にアーメンポーズをかましてしまうアタクシ。

 何をやっているんでしょうか>自分、、

そして、
一通りまわりのみなさんのアーメンポーズが終わると
レジのおねーちゃんがこういうのです。

『これで大丈夫よ。神様はあなたを祝福するわ』

そういうレジのおねーさんの顔は
どこか安堵感を漂わせていました。
そして、その後は何事もなかったように
アタクシの購入予定のトウモロコシパックを
ピっとレジに通してくれたのです。

トウモロコシ1パック買うだけで
ここまでの所要時間、約10分。

ながっ、、。

しかしながら、
宗教の教えは限りなく奥深いといいますが、、
ムシが涌いたトウモロコシを食べたら
どうやら神様に祝福されるようです。
若干、
捉え方が違うような気もしないでもないですが、、。

それにしても
トウモロコシを買ったら十字架を切られた。
しかも、スーパーのレジで。
こんな貴重な体験は生涯忘れることはないでしょう。

<本日の報告>

トウモロコシ。何事もなくおいしくいただきました>アーメン

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/11/09 10:54】 | day book | トラックバック(0) | page top↑
Q太郎VSドロンパ
本日は、ハロウィンです。
日本でいえば『お盆』にあたる
最もメジャーな年間行事のひとつですが
そもそも、
アメリカでハロウィンが祝われるようになったのは
1800年代も後半に入ってからだそうで、
アイルランドやスコットランドの移民が
死の世界からやってくる悪い霊を追い払うために
『かぼちゃ』ではなく
『カブ』に顔を彫って提灯にしたり、
オバケの格好をして近所中を
パレードするのが由来だったそうです。

っというプチ知識講座はさておき。

今日は、アタクシのアパートの前の通りも
朝早くから仮装をした子供達が
『Trick or treat』
(オカシくれないといたずらするよ~ん)
っと、叫びながら片手にビニール袋をもち、
各、お店からお店へとハシゴをしておりました。

そして。
その姿を窓からみていたアタクシは

『もしかしたら、
 どさくさに紛れてお菓子をもらえるかもしれん、、』

っと、よからぬ事を思いつき、 
まず、大家さんの息子の店にいってみることにしたのです。
しかし。
お菓子を貰うには何かしらの仮装が必要なのです。
そこで、アタクシ、
その昔、とある現場で
暇つぶしにやった仮装をフと思い出し、
まず、水性マジックでオデコに『Q』と書き、
口のまわりに一回り大きく口紅を塗り、
思いっきり白塗りにしてみたのです。
そう。
日本を代表するオバケといえば
 『オバケのQ太郎』。
そして、白塗りといえば
お笑いの代表,志村ケン。
日本人たるもの、日本人魂で勝負をせねば。

っということで、
本日のアタクシの仮装

『バカ殿ミックスQ太郎』が完成したのです。

さー準備は整った。いざ、出陣です。
目的地はまず、
大家さんの息子ジュニオスにーさんの
経営するサイクリングショップ。
Q太郎は叫ぶ。

『Trick or treat~~~!!』 

すると、店の奥からジュニオスにーさんが

『おっ、カボチャ顔のアジア子供がきたな~~』

っと、あっさり大量のお菓子をくれたのです。
やったぜ。かーちゃん。菓子ゲット!
っと、大喜びしながら、、

っつか、 
カボチャ顔のアジア子供ってどういう意味だよ、、、。
Q太郎だよ。Q太郎。
日本のアニメ界の王者オバケのQ太郎!

っと、説明しようと思いましたが
ジュニオスにーさんが、
『大家さんとこでも
  菓子配ってるからいってみな。ベイベー』
っというので、
すっかり調子にのったアタクシはその足で、
次の目的地を本家本元の大家さんに定め、
またもや、そそくさと出陣。
そして、O太郎は叫んだのです。

『Trick or treat~~~!!』

すると、。
奥から
光る牛のツノのカチューシャをつけた大家さんが

 『家賃払わんと菓子はやらんゾ-~~~』

  、、、、、、

ってか、、、
でっ、、でたーーーーーーーーーー!!
 アメリカオバケでたーーーーーーーーーーーー!!!
  
Q太郎 ドロンパに破れる。

ある意味、
キモが縮みあがる恐ろしいハロウィンの幕引きでした。

そう。
今日は月末だったのです。
家賃の支払い日。
すっかり忘れていました。

<本日の関係ない一言>

居酒屋ク~ポン~~♪ まだ、伴奏ですから~>これ面白すぎです

終わったな。奇麗シンガー路線は。
bakatono&Qtaro

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2005/11/01 13:12】 | day book | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。