スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
生命の成長たる証
日ごとに少しづつ暖かくなってまいりましたNY.

春です。

春。

そう。

春といえば。

窓の外の桜の木にも新芽が出始めているように
あらゆる生命あるものたちがむくむくと成長していきますが

ちなみに。

 ヘソのまわりに毛が生えた.
しかもミステリーサークル状に。

これも一種、
春の”生命の成長”の一貫として捉えてよいものなのでしょうか。

.....

っつか、現在のアタクシの腹の上は
どこからともなく未確認飛行物体が飛んできそうな感じでございます。

 ギャランドゥーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!

とりあえず、叫んでみましたが

自分なりにですね、
これもひとつの『生命の成長たる証』なのだ。

と、思う今日この頃です。

...

まっ、こんな年もあるんですよ。生きているとね。いろいろとね。
特に.喰いものが違う国にいればね。

っということにしておいてください。


<本日の野望>

このままヘソの毛伸ばし放題で
おもいきってギネスに挑戦します>とことんパーだよ。アタシャ。

スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/03/28 11:27】 | day book | トラックバック(0) | page top↑
木曜日
海外に住んでいる方は、
どうしても頻繁に異国語を使う時間が多いため、
時々ストレスを感じることがあると言います。
アタクシもタタあります。
ですが。
以外にも、この異国語に対して感じる言葉のストレス度というのは
同じ母国語を話す日本人相手に
ひっじょーにむかつくという『怒り』の感情が芽生えた際に比べれば
屁みたいなものだったりします。

要するに、

言葉が判らないというストレスよりも
言葉が判るからこそストレスが溜まる度合いが大変大きいのです。

っということはです。

この定義に基づいて考えれば、
この言葉が判るからこそ溜まるストレスが原因により、
ここ数年現代病と呼ばれる
数々のきっかいな精神的な病を引き起こしていると
いっても過言ではないわけなのです。

っとですね。
本日はなにか強く『語りたいモード』的な書き出しで始まってる気も
しないでもないですが、ぶっちゃけたところ。
また木曜日のスペルが書けなくなっている自分を発見して
ただ、動揺してるだけです。

あれほど練習したのに...

ちなみに。
人間、何かから逃げたいとか、危険を察知した場合において
防衛本能というものが働き、
都合良くそのもの自体の記憶を抹殺すると言います。
もしかしたら
自分では気がつかない『木曜日』というキーワードに
ものすごいストレスのピークを感じ
既に自分の中には『木曜日』は存在していないのかもしれません。

もしくは、
木曜日のスペルに関しては自分はもう覚える気がない。
もしくは
ほんとにバカか。

いずれにしろ、
ここまで来ると、このどれかになるはずなのです。

が...

『木曜日なんて大キライ』

気がついたらですね、
こんな.こんな...
まるでニューミュージックからアーバンポップス時代を
かけぬけたどこぞの女性シンガーガーソングライターが、
苦し紛れにアイドル歌手に提供した曲のタイトルにつけそうな...
そんなせつないセンスの曲をですね..
思わず真剣に作ってる自分がいたのです.

キライキライキライ~~~
 もっくよーなんて~~だいっ~きら~~~い~~

 フォ~~!!!
 (これ、一度使ってみたかったんです)

>つか、どう考えてもボツですから。
 いや。それ以前に思考が壊れてます。

....


人間生きてりゃ、こういう日だってあるんだよ!

>思考回路強制停止!

ガーーーーーーーーーピーーーーーーーーー!!

プッ...


ねる。

<本日の教訓>

とにかく、むかつく相手には
いろんな意味で言葉がわからないフリをしてやりすごすハムあるね。
それが一番あるね。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/03/14 16:13】 | day book | トラックバック(0) | page top↑
本物とはそれだけで華がある
『ほしいのか?』

  その男はまわりをかなり気にするようなしぐさで
  白いブツを指差しながら言うです。

アタクシは言いました。

『是非欲しいです』

すると、その男は言いました。

『何キロ欲しいんだ』

キロ...。
唐突に言われると一瞬びびります。
ですが
アタクシは勇気を振り絞り言いました。

『あるならあるだけちょうだい』

 すると、その男は

『判った。ちょっとまっていろ。』

そう言うや否や、路地の奥へと消えていったのです。
しばらくすると、
男は両手の余る程のブツをもってきたのです。
そして、また、まわりをキョロキョロと伺いながらこういうのです。

『もってけ。全部。
  その代わり、見つからないように早く行け。早くだ。走れ!』

物をうけとったアタクシはその場を走り去ったのです

  タタタタ............ッ


この会話。
本日の夕方。
アタクシが近所の鮨屋の前をウロウロしていた際、
ランチ用に炊いた『酢メシ』をあまらせてしまった為、
ゴミ箱に捨てる寸前だという
その店の従業員のチャイナ人と遭遇した時の会話でございます。


  『拾う、貰う、タダ』

これは、アタクシをよく知る方なら言うまでもない
アタクシの中に強くかかげた
人生の教訓ナンバーのひとつであるスローガンであり、
このスローガンを筆頭にこのNYに来て以来、
過去にもいろんなモノを拾い、貰ってまいったわけです。

が。

まさか、ここにきて
『酢メシ』を手に入れるとは思っていませんでした。
しかも、
2キロは軽くある正真正銘の日本米使用の鮨やの『酢メシ』。
もう、それだけで夢のような出来事です。
そして、言うまでもなく大興奮なのです。

まぐろ~さば~~ひらめ~アマエビ、いくら~などなど...

酢メシに最もよく似合う食材達が脳裏を次々と泳いで行きます。
そして、こみ上げる生唾と不適な微笑みは言うまでもなく。

ここ数年。寿司といえば、
カリフォルニア米を使っての
『太郎と花子シリーズ』にはかなりお世話になりました。
ですが、そんな世話になった太郎と花子には
大変申し訳ないとは思うのですが、
やはり、本物の寿司屋の酢メシは何かが違うのです。

何かが。>強く主張。

そうですねえ。
なんというのでしょうか。
そもそも酢メシ自体にある迫力と存在感はもとより、
『華』があるのです。
そうです。華なんです。
単なる花子の『花』では弱いのです。
太郎の力を借りても、
『華』のある酢メシにはなれない花子なのです。
『華』とはオーラなのです。
オーラがあるからこそ、
華麗なる『華』なのです。
それが、酢メシ本来の『力』というものなのです。
そうだ!そうなのだ。だから寿司やの酢メシはすごいのだ。

う~ん。
何を語っているのでしょうか。自分でも判らなくなってきました。

とにかくですね。
結論的に何がいいたいかと申しますと、
本物の寿司屋の酢メシを何年ぶりかに食べれるというこの事実に
ひたすら感動しながら、
その酢メシをかかえ家路へと走って帰り、
一目散に、冷蔵庫を引っ掻き回し
使えそうな具材を取り出し手巻き寿司などを作ってみたわけです。

ザカザン!!

本日のお品書き

    たくあん巻き>それだけかよ!


ただ、それだけが言いたかっただけなのです。
ご清聴ありがとうございました。


<本日のボヤキ>

現実なんて所詮こんなもんです。明日はキュウリ巻きします。
ワサビ使いすぎると、また痔になるよ。>気をつけようね。自分...。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/03/08 14:31】 | day book | トラックバック(0) | page top↑
明け方の”受動態”
明け方、ただでさえいつもより人も少なく、
危険な臭いがしないでもない地下鉄の車中にて。
突然、
アタクシの脳裏に『受動態』という言葉がよぎったのです。

それから数分の間、アタクシは何を思ったのか
受動態受動態受動態......
と、バカの一つ覚えのように唱えておりましたら
何かこう、
訳も判らず脳内に花がパッと咲いたように愉快になってきたのです。

そして。

愉快になったついでに
フフフ...フフ.....っと気持ち悪い笑みをこぼしていたのでしょうか...
どこか別の世界にいっていたのは言うまでもなく。

気がついたら、
アタクシのまわりの席には誰もいなくなっていました。

誰も。

いないのです。

みごとに。

誰も....

.......

ふ,,ふ~ん........

そういえば。最近のNYと言えばですが、
朝方にかけて無差別レイプ事件が多発してるようなのです。
そして、明け方の地下鉄などというのは、
いくら昔よりは安全になったとはいえども、
用心をするにこしたことはないのです。

が。

『受動態』という言葉をただ、ひたすら繰り返して
気持ちわるい笑みを浮かべていればです。

ある意味、この手の事件は一生無縁ということになります。

そういえば、
某ジャズシンガーの方がその昔、危ないおにーさんに襲われた際、
キチガイのフリをして難を逃れたといいますが、
この手も、ある種それに近いものがあるということです。

おお~~~!!!

これこそ、名付けて
襲撃防止術、必殺受動態念仏法です。

おお~~~!!!ばんざい!!受動態!!


っつか...
別に危ない人がいた訳でもないのですから
そこまで喜ぶことはないといえばそうなのですが..

しかも。

変わった人がほんとにたくさんいらっしゃるこのNYにて
まさか受動態ごときで
まわりには誰もいなくなっていた...

こんな事がおこるなんてこれっぽっちも思いもしなかった
あの日を、今ものすごく懐かしく思うのです。

>ってか、あの日っていつだよ.....

だから 18だよ!

....

一人つっこみさえもむなしい大人になってしまいました。

春が近いのはアタクシの脳内のようですね...
>公私共、最近お疲れ気味ですわ..


<本日の報告>

デジカメ壊れたよ,,,
誰か治してくれる方、もしくは中古のデジカメ譲ってくれる方募集中。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/03/05 10:40】 | day book | トラックバック(0) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。