スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
カツーン
ここのところ
『kat-tun』という言葉をやたら耳にしていたのだが
それが泣く子も黙る、飛ぶ鳥落とす勢いの
人気アイドルグループだとはつゆ知らず、
てっきり裏麻布十番あたりにできた
小洒落たヒレカツ屋か何かだとてっきり思い込んでいた。

そう。
その店は、緩い坂道を下り、
最初の一本目を右に曲がった路地裏にある。
紺色に白字で『Kat-tun』と書かれたスッキリとしたノレンをかかげ
夕方5時になると柄杓で巻き水をする割烹儀のオカミの姿が
開店の合図だ。
厨房では、
『そうですねえ...自分も過去には色々ありましたよ』
的、風貌の板前がフフフっと何か思い出すような笑みを浮かべながら
案配加減のいい温度になったたっぷりのラードの中に
これでもかといわんばかりに繊細に叩いた肉を
ゆっくり滑り込ませている。

ジュワ~~ジュワ~~パチパチ~~ジュジュジュジュワワ~~~

おお~~~!!!すこぶる感動の瞬間だ。
これぞ、職人技の衣のダンス。
そう。何のへんてつもないただの豚肉が
この職人の手によればフライヤーの中は
まるでマンハッタンタイムズスクエアで
ライザミネリ主演のミュージカルをみているような気分になってくる。
そして。
既にカウンター越しにスタンバっているテンコモリのキャベツ。
勿論こだわりの無農薬野菜。仕入れもとは当然宅配生協だ。
白飯は銀色に輝く魚沼産のコシヒカリ。

『さ~できたよ。
 秘伝のオリジナルソースをたっぷりかけて
 アツアツのところをサクっといってくれ』

そんな板前のかけ声と共に
カウンターでは

『やったね。かーちゃん。
  今日は1年ぶりのごちそうだーーーー!!』

というリトルボーイの声が聞こえ、
その隣りで、母親が恥ずかしそうにうつむいている。

そんなコッテコテのクソドラマが繰り広げられる
裏麻生十番のヒレカツ屋、カツーン。
そう。
トンカツ屋ではなく、あくまでヒレカツ屋。カツーン。
こだわりのカツーン。老舗めざすカツーン。
世界に羽ばたけヒレカツカツーン。
NYにはなんで専門ヒレカツ屋がないんだ。
特大のエビフライが喰いたいぞーーーーーーーーーー!!!。

っと、叫んでみる。

....

って、
どこまでひっぱたら気がすむのでしょうか。アタクシ....

しかしながら。
カツーンなだけにカツ...っていうのも安直過ぎますが..
この『Kat-tun』にしかり、ハンカチ王子など。
あまりにも日本の芸能事情を初めニュースや出来事にとんと
ウトクなっているのは確かです。
自慢にもなりませんが、キコ様のおめでた&帝王切開事情も
何故か近所のピザ屋でたむろってた黒人のおっちゃんから
聞いて知ったぐらいです。

NYが竜宮城なら、
日本に帰る頃にはまちがいなく箱のフタをあけたら

~~~ポワワワ~ン~~~
シラガのおババア~いっちょあがり~

.....

>うお~~~~考えたくね~~~~
>>....今更切羽詰まってどうするんですか。

っということで。

とりあえず音楽のハヤリモノぐらいは押さえておきたい
ミュージシャンのはしくれたるもの
このままウラシマになってしまうのもアンマリなので
ここは意を決して、
ケーブルテレビに加入することに致しました。
めでたく加入した暁には
めざましテレビはかかさずチェックしようと思う今日この頃です。

とはいえ、
先の見えない『欲』に全身全霊を傾けることよりも
着実に目の前の畑を耕す人生のほうが断然魅力を感じるのもしかり
だったりするわけで。

>知らないという事はある意味”怖いものなし”なのかもしれません。

<本日の近所>

>ねーちゃん、一杯ひっかけにいけへん?

っと、こんな流暢な日本語をあやつるチベット人に
アパートのエントランスでナンパされたよ。
スポンサーサイト

テーマ:◆日記◆ - ジャンル:日記

【2006/09/25 07:38】 | day book | page top↑
民族対抗意識合戦
毎週、日曜日。

朝の9時頃。

アパートのどこかの部屋から
大音量のボリュームで
ゴスペルミュージックをかけ
それに併せて調子っぱずれの歌が一緒に聞こえてきます。

すると。

アパートのどこかの部屋から
負けじとばかりに
大音量のラテンミュージックと共に

『テキ~~~~~~~ラ~~!!』

という雄叫び声が聞こえてくるのです。

すると。

今度はどこぞの部屋から
テキサスあたりの
カウボーイ系カントリーミュージックが
大音量で聞こえてくるのです。

すると、
今度はどこぞの部屋から
生胡弓らしき楽器を奏でる音が,,,.

この時点で、
このアパートには
ブラック、ラティーノ、ホワイト、アジアンの存在が確認されます。

ちなみに、
ニューアパートは
昔ながらの『団地』と言われる創りにて
部屋数だけでも約50棟あります。
そんな中。
何を根拠に誰が誰と張り合っているのか皆目
検討もつきませんが、
ちょっとした『民族対抗意識』というのは
こういうところにでるものなのでしょう。

っということで。

人種のるつぼと化したこのニューアパートにて。
来週から早速、
この民族対抗意識合戦に
やはりここはひとつ。
八代亜紀ねーさんの『舟歌』で参加してみたいと思います。

>しみじみ~~~飲めば~~~~しみじみと~~~

 
<本日の近所>

昨日まであった3件のハードショップウエアの店先に
売却済の紙が...

 >何があったんだ...

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/09/18 12:25】 | day book | page top↑
スーパーデューパー~~
壊れていた冷蔵庫が治り、電話も無事開通。
これで生活環境には当面何の問題もなし。
あとは、今週末にやってくるケーブル会社と契約をすれば
ネット回線も俄然前より画期的になる予定をしています。
これで一安心です。

っと、思っていたのですが,,,
若干、気になる事があるのです。

っというのも。

電話の回線工事にやってきた地元系の黒人のおねーさんに
なにやらふくみのある物言いで

『ねえ、あのさ~変なこと聞くけどこの辺り好きなの?』

 っと、聞かれたのです。>意味深です。

次に。

冷蔵庫の修理にきたこれまた地元バリバリ系の黒人のおっちゃんは

『あのね。悪い事言わないから、出かける時。寝る時は
 窓だけは絶対締めておくようにね。絶対だよ。』

っと力強くいうのです。>もっと意味深です。

そして。極めつけ。

毎朝。ゴミを捨てにいくと、
アパートの玄関前に必ずおまわりが2名立っているのです。
しかも仁王立ちで。

> セックス? ドラッグ?ロックンロール?

>>って、んなわけねーだろ!!

....

とりあえず。
近所に『パイオニア』という名のスーパーがある時点で
アタクシの人生は

『常に新規開拓を試みる人生』

っということなんだろう...

っと、半ば諦め、そして認めつつ。
新たなプチデンジャラス区域にて
愉快に暮らして行こうと思っております。

>違った意味でスーパーデューパー~~

ちなみにですが。
その昔。エディマーフィーの映画に
『星の王子NYへ行く(邦題)』
という映画がありましたが、

ひなびた教会から聞こえる絶叫ドネイションジ~ザス!
床屋にたむろうじーちゃん軍団。
古着を叩きうってるおっちゃんたちetc.
今更アフロの人々。

 あの..今,,,21世紀ですよね?

っと、疑いたくなるような光景が
ウチの近所では『生ライブ』で垣間みる事ができます。

 >セックシー~~チョッコレ~ト!!!

<本日の報告>

99セントショップのおねーさんが
カウンター越しに投げキッスしてきたよ>なんでやねん???

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/09/12 21:57】 | day book | page top↑
業務連絡
身内、及び、関係者の皆様。

  取り急ぎ。業務連絡です。


昨日。無事。引っ越しが完了。めだたし。めでたし。

っという訳には
どうやらいかないアタクシの人生。

現在。

冷蔵庫が壊れていて使えません。

そして、

新しい電話番号は生きてるのに、
部屋を通っている回線に問題があり電話が使えません。

っということで

メールでの連絡もしばらく遅れがちになりますので
しばらくお手数かけますがよろしくお願い致します。

momose

【2006/09/07 15:22】 | day book | page top↑
昆虫館
家主がいなくなるのを

『待ってました~~』

っと、いわんばかりに。

何故か引っ越し直前の部屋には
ハエを筆頭に、ゴキブリ、ねずみ、ムカデ、クモ、
そして、得体のしれない変な虫達がレンガの壁から大発生。

現在。アタクシの部屋では
ダンボールの山と共に、
それはそれは世にも恐ろしい昆虫館状態になっております>涙

とりあえず。

『おまいらーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
 ででかんかーーーーいーーーーーーー-!!!』

っと、殺虫剤を片手に叫んでみるのですが、

台所ではハエの夫婦がいそいそと交尾にいそしみ、

ニゲールことチビマウス達は
犬のエサのオコボレをくわえて部屋を堂々横断。

『お前、そんなに足がないと歩けないのかよ!』

っといいたくなるムカデらしき妙なムシは
暢気に寝ているウーノスケ(愛犬)の回りを
まるで値踏みするかのようにゆっくりと旋回。

.....

なんなんでしょうか...
こいつらのこの妙な落ち着き感と余裕。
しかも、これといって人間に危害をくわえるわけではない。
とはいっても、その威圧的な存在感。

 どことなく、

『っつかさ~~、なんでまだいるわけ?』

っと、言われてるような気がして逆にヘコミます>ダブル涙。

しかしながら。
いくら危害がないとはいえ、
ここまで大量発生すると夜もオチオチ寝てられず。
さすがに手段は選んでいられなくなってきます。

そこで。

ゴキブリホイホイをはじめ、
ネズミとり、ハエトリ紙とあらゆるトラップをしかけてみたのです。

が。

ネズミとりにひっかったのは愛犬じょじょ。>コテコテ..
ゴキブリホイホイにしかけた犬のエサをくわえて
子ねずみニゲールはすかした表情で逃げていき>何でもいいのかよ!!
ハエの夫婦はハエトリ紙で休憩した後、余裕ぶちかましで
飛び立っていく。>ラブホじゃねーっつーの!!

 >ムキーーーーーーーーーーーっ!!!!!


そんなこんな。

通常のトラップさえも効き目なく
完全になめられております。虫ごときに。

NYもそろそろ肌寒くなりつつある9月。
厳しい冬越えの準備をしてるのは
人間だけではないのかもしれない...

っと、思いつつ、
残り少ないこの部屋での日々を過ごしております。
こんなつぶやきと共に。

あ”””~七輪で焼いたホカホカのサンマ定食が食べたいな~~。

>マンガ日本昔話しの市原悦子風で。


<本日のプチ告知>

3rdアルバムの進行状態ですが、
NYアートデザイナーチームは
ジャケット制作の追い込みで奮闘中。
方や音源チームは、
本人の引っ越しを初め、肝心のプロデュースチームが
イタリアツアー&ブラジルから帰ってこない。

の理由により終始牛歩状態でございますが
着実にいい感じで進んでおります。

>秋のリリースに間に合うんですか?

>>多分...

>>>がんばります。

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2006/09/01 22:59】 | day book | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。