スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
クールなER
『ハ~イ!僕はドクターラッセル。君の担当だよ。よろしくねえ』

唐突に右手を差し出しながら、そのドクターは惜しげもなく
返事もできない程激しく咳き込む私に、
これでもかと言う程の満面の笑顔を向けた。

『大丈夫だよ。もうここにきたからには安心さ。すぐによくなるよ』
 
その根拠のない自信は一体どこからくるんだ,,。
私はそんな事を脳裏に浮かべながら
一連の症状をゼーゼ言いつつ説明し、
また激しく咳き込むと

『Ok.さて。それじゃあ、まずは今どんな気分か聞かせてもらおうかな。
  ハッピー?それともノ~グッド~~?』

私は困惑した。

ここはER.
緊急非常事態に陥った患者がやってくる病棟である。
しかも時間は真夜中の2時。
どこからどうみても最悪な状態に間違いない患者に向かって、
この能天気な質問の意図はなんなんだ,,,。

わからない....

いや、まて。
ある意味、激しく咳込んで呼吸もままならない今の私にとっては
苦しさも手伝ってハッピーかもしれない。
しかも、ドクターラッセルのこの満面の笑みから察するところ、
私が外国人だけに

『やった~~ここはあのテレビドラマみたいなERだあ~~
  やった~~ERだ~~もうこれで大丈夫~~ハッピ~~』

っとでも言ってほしいのだろうか。
..いや、そんなはずはないだろう。
ここは少なからずジョーダンを言ってる場合じゃない場所なのだ。
じゃあなんなんだ。この質問の意味は。

 あ~~ますます分からない。

しかしながら、
現状としてハッピ~でないがERにきて少しは楽になるという
安心感もあるのは確かだ。
そこで私はとりあえず、
ハッピーに語尾をあげてクエスチョンマークをつけてみることにした。
ついでに斜め45度揚げ気味の目線も添えて。黒木瞳風に。

 『ハ..ハッピー?』

....
.....
.......

激しい沈黙が訪れた。
そしてドクターラッセルは静かに黙ったまま
私の洋服の上から何事もなかったように聴診器をあてはじめた。

『はい。息すって~~』

>放置かよ!

すると向かいのチェアに座ってた黒人のおっちゃんが
ものすごい勢いで咳き込みながら笑い始めたのだ。
しかも膝まで叩きながら。

『ゲホゲホっ、ゲホッ
  ヒ~~~。ゲホっ、今のやりとり~~ゲホホっ、
    メチャおもろいわ~~ゲホゲホっ』

>そこ...笑うところなんでしょうか,,,

どうやら偶然にも私とドクターのやりとりが
アメリカンジョークのツボにはまったようなのだが、
私はこういうアメリカンジョークはどうも未だにツボが分からないのだ。
ますます困惑さながら、またゲホゲホと咳き込むと
ドクターラッセルは聴診器をあてながら
私にまたもや満面の笑みをむけてこういった。

『笑うとね、喘息が楽になるんだよ。これほんとね。
 ツライだろうけど明日からなるべく毎日笑うような生活をしてね。
 大丈夫。大丈夫。今の状態に適した処方もだしておくから安心して。
 じゃね。笑顔だよ。笑顔~~笑って~~笑って~~』

>笑って~~笑って~~キャンディ~~キャンディ~♪>歌はもちろん堀江美都子です。

candy


とでもいいそうな勢いでドクターラッセルは
院内アナウンスで呼び出され次の患者へと飛ぶように去っていった。
満面の笑みを浮かべ手をふりながら。

ここはER.
アメリカのER,
グリーン、ブルーの衣装に身をつつみ
首から聴診器をかけたERドクターたちが
受付の横に備えてあるなんでもない普通のカウチイスに
ごそっと座らせられた患者をとっかえひっかえ
その場で診察していくところなんざ
テレビドラマでみるような雰囲気さながらだ。
これこそ”かっこいい”という言葉が似合う職場は
ないのではないかと思うぐらいだ。
それに引き換え、狭い診察室でナースを背後に
カルテをみたまま患者に背をむけて仏頂面で
『今日はどうしましたかぁ~~~~~』
っと無機質に質問してくる日本のドクター。
過去に、私が診察してもらった歴代のドクターの中に
ドクター川崎というとびきりのイケメンドクターをのぞけば
『信頼』とか『安心感』いう言葉が似合うドクターは
誰一人として思い当たらない。
そう考えれば、ドクターラッセルは信頼度はどうあれ、
見ようによっては安心感はかなりのものだ。
満面の笑みを浮かべフレンドリーな対応。
そして、ついでのようにサラッと病名を告げつつ、
精神論でいつのまにか周りの患者もなごませつつ安心させる治療法。
かなり手慣れている。いや。それこそプロなんだろう。
ニクイぞ。ラッセル。乾杯だ。ラッセル。
ラッセルラッセル。ラッセルクロウ~~>ここはサラッと流してください。

そういえば、クロウといえばだが、

『苦労をした事がない人間ってのは、愛想笑いが異常にうまいんだ。
 中身がないからな。でもな。
『愛想がない』という事ほど愛想笑いがうまい人間よりも
 人を不快にすることはない。だから
 もしお前がそんなに人間にあったらとりあえずそいつをくすぐってみろ。
 そこで笑わないようだったらそいつは機械だ。

ウチのとーちゃんがこんな事を言っていたことをフと思い出しつつ、

『と~ちゃん..アメリカドクターはくすぐる必要ないよ』

などとブツブツつぶやきながら
私はドクターラッセルの処方箋をもって
夜がしらじらと明けてきたバス停で一人バスをまっていたのである。
すると、先ほど向かいに座ってゲラゲラ笑ってた
黒人のおっちゃんが同じバス待ちだったらしく、
私の隣にやってきたかとおもいきや一発こう言い放ったのだ。

『こないださ~電車を待ってる間にさ~、
バスがいっちゃったんだよね~アハハ~~ゲホゲホっ』

....だから分かんねーから。そのジョーク。

アメリカンジョークのツボが分からない私は
喘息&疲労骨折完治までの道のりに必要な笑いのある生活とやらに
フと不安になるのであった。

長い夜だった。
スポンサーサイト

テーマ:日記 - ジャンル:日記

【2008/02/21 15:42】 | day book | page top↑
ヤブキ盛り
何やら日本では
『巻きと盛り』とやらが流行っているらしい。

”巻き”と聞いたならば、
即座に、ネギトロ、納豆、鉄火、カッパだのといった
酢飯のり巻き関係を筆頭に、
カルーセルマキ、ポールマキ、カルメンマキは外せないところだ。
”盛り”なんてのは、まずは、酒盛り、女体盛り、てんこ盛。
これを筆頭に、西郷隆盛、夢がもりもり(昔のアイドル番組です)

>コアですね...

ってな個人的思想はさておき。この『巻きと盛り』
これ、なんの事かと思いきや、
キャバ嬢を目指すギャル系の髪型用語らしいのだ。
ちなみに、
巻きはくるるん系ウエーブの事で、
盛りはヘアトップのボリュームアップを意味するとのことだが、
この髪型を日夜研究し太陽のごとくギラギラしてるギャル嬢に対して
私の髪型はすっかりひからびた雑草のようである。
しかも、最近気がついたのだが
どうも私の髪型は、あの名作ドラマ。金八先生ダイ2シリーズ中、
”腐ったみかん”で一躍時の人となった加藤勝を彷彿するものがある。

masaru


>キャー~~~まさる~~~~~~!!!

そう。この画像の人物の髪を微妙に中途半端にのばした感じを
想像して頂ければ幸いです。
って、おい! こ ..これはヤバイだろう。
さすがにこの時代、時代錯誤も甚だしい雰囲気だ。
いささか自分でもヒキ気味である。
そこで、自称チャレンジャーである私は、ここぞとばかしに
今流行の『盛り』とやらを試してみることにしたのである。
トップを盛り上げればそれなりに雰囲気がでるとの事なので
ドライヤーと整髪料を駆使すること30分。
ざかざん。
こんな頭ができあがったのである。

kaoru

 
あ””””~~~~~~~~~>自滅>逝ってよし、自分。


しかし。プチ落ち込みながらも
私はキノコの山のように不自然にでかくなった
自分の頭を鏡越しにみながら、ふと重大な事に気がついたのである。
今、流行の『盛り』とやら。
既に、昭和の男性アイドルによって存在していたということに。

はっ!

そう考えると、あのアイドルも、

daisuke


このアイドルも。

shyounen


おお~~~””盛り”てんこ盛り状態ではないか~~。

なんだか私はうれしくなってきた。
やるな、アイドル。昭和アイドル。
キョンキョンも歌ったなんてたってアイドル。
そして、昭和のアイドル中、
髪型で一世風靡をしたアイドルといえば松田聖子ねーさん。
そう。無く子も黙るセイコちゃんカットだ。
seko

あれこそ、今でいう『巻き』の原点ではないか。

そう。セイコちゃんカットといえば ,,,ふと思い出す。
あれは私が中学の時。
とーちゃんに連れられていった床屋で
サイドの髪を床屋のコテでセイコちゃん風にまいてもらい、
翌日登校してみたところ、
早速にも不良グループの餌食になりトイレに呼び出されたのである。
まさに大ピンチ。集団リンチ勃発かーーー~~
と、思いきや

『その頭、どこのパーマ屋でやったか教えてくれたら、見逃してやる』

っと、言われ、ものすごく表紙抜けした覚えがある。
いうまでもなく、その不良ボスもセイコちゃんファンだったのである。

 が、彼女の髪型はヤブキだった...

っと、こんな遠き過去のことをハタと思い出してしまう程の
斬新で衝撃的だったおそるべし、昭和アイドル。

しかも、『ヤブキ盛り』に『セイコ巻き』ですから。
考えただけでもうスゴすぎます。
しかも、もっとすごいのは、
この『ヤブキ盛り』に『セイコ巻き』をミックスしてみたら
今、流行のギャル嬢が見事に出来上がるという図式がすばらしい。
もう、これぞアートのイキですね。

 >大興奮。今夜はねむれねー 

しかしながら、
今の時代のアイドルしか知らないワッキャイおねいさん達には
ピンとこないであろう昔のアイドル達のパーツが、
こんなところで一体化して、
こうして知らずに語り継がれつつ再現されているという事実を知ったら
本人達もかなりびっくりだろう。
ちなみに、良いものは世を超えて受け継がれるというし、
これぞなんでもかんでもくっつけたがる
現代文化の象徴であろうとも言える現象でもあろうが。
 ...どう考えてもヤブキにーさんの髪型を
良い物...というよりは貴重なモノとして捉えたい私としては、
最後にひとつ。
ここで声を大にして言っておきたい事がある。
それは。

ヤブキにーさんは、実は銀蝿一家の一員だったーーー。
にも関わらず、あのサンデーズのメンバーだったーーーーーーー。


  >ええ~~~~~~~!!!!

 ヤブキアゲイン!
kaoru


 >もうええって。

ちなみに私の現在のヘア。
ブラック御用達のヘアサロンで無謀にもかけたドレッドパーマのごとく、
焼け野原にたたずむ雑草のようです。あ~~チリチリ..チリチリ...(悲)
 

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

【2008/02/04 18:26】 | day book | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。