スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
知らないことは潤いの素
食欲の秋が到来し、日本の食道楽系番組を収録したDVDを
Mysonsと一緒にみておりましたところ。
知らない事がまだまだあるんだという事に気がつかされる
今日この頃のMOMOSEです。

ちなみに。

 知らなかった...その1

おしる粉缶(なければゆであずきでもよし)と味噌と生姜汁を鍋にぶち込み
アルミホイルで落とし蓋をして15分煮込むだけで

なーんと。

  料亭並のさば味噌ができるそうです。

>>おおお~~!!My sons共に興奮

 sabamiso

 そして、知らなかった...その2

みじん切りのキムチにカット生トマト、そしてケチャップとエビをフライパンにぶちこんで
ざっくり炒め片栗粉でとろみをつけたら本格中華街のエビチリにー。

>>おおお~~!!My sons共に拍手喝采

ebi


人生、まだまだ知らない事はたくさんあるのです。

しかも。

知らない事を知ることにより人生に潤いが増すのです。

 >しみじみ
 
しかし、その反面。

人生、ほどほどに知らないフリをしていかないとやっていけない時がある。
ということを、みなさんご存知でしょうか。

 そう。知らないフリ。知らぬフリ。知らぬがほとけー。ほーほけきょ~~うっほほ~~

と、他人事のようにのたまわり、
山積みの請求書の封をず~っとず~~っと開けずにいたらどうなるかと申しますと。

   ちゃら~~ん

 帰ってきたら電気がつかないのでーす。

  >またですか!

 いやいや。まだ続きはあるのです。

電気がつかねーよ~~と玄関先でアタフタしているとですね、
背後からこ~~んな声が聞こえてくるんですよ。


 「あなたの明日の幸せのためにお祈りしましょ~~~」


>きたーーーーーーーーーーーーーーーーー!!
 >>勧誘きたーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!



知らない事がたくさんあると違った意味で人生潤いますね。

>再びしみじみ


あっ、潤いといえばですが。
親を亡くして意気消沈気味だった愛犬うーのすけに嫁がみつかりました。

juju
嫁のじゅじゅ

 老犬にも潤いを。
【2009/10/08 15:55】 | 貧乏レシピ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
kapo with hanabi
愛犬じょじょてんが永眠してから半年。
その後、生涯のパートナーを失ったさみしさもあったのか、
肝臓の持病が一気に悪化。
彼女を追うように本日、愛犬カポ♂が
ジュライフォースで花火がうちあがる夜空の星となりました。

何をやっても間が悪く、痔持ち。食い意地もはっていて、しつこい。
きれいなおねーさん以外にはなつかないわ、口も臭い。
しかも、動物の死というものがまだよく理解できないMy sonからは
お線香を片手にハッピーバースデーツーユーと歌われる始末。
ある意味、幸せと言うか、
旅立ちの最後の最後までどうしようもなくやるせない奴でしたが
それもまた彼の贈ってくれた最後の愛嬌なり。

ペットショップの売れ残りだった彼を救出して以来、あっという間の14年でした。

Thank you kapo 楽しい日々を。
kapo


追伸
彼を知ってる方々、どうぞ手を併せてやってください。

もも
【2009/07/06 01:43】 | day book | コメント(8) | page top↑
エコとハエキチ
真夜中。12時。
家族が寝静まる中、ひっそりと誕生日を迎えた私は、

『ストレス解消~深夜のワンクリック&夜中の大人買い~~』と称し、

久々に出物はないかと日本のオークション会場を徘徊中、
あの”スガキヤ”のラーメンフォークが破格で出品されているのを発見。
しかも、終了時間まであと数分というのに未だ誰もベッドしていない。

  おおお~~~~~~~~!!!>大興奮 �t���b�I 

そう。
スガキヤといえば、中部・東海、関西地区出身者ならその名を知らないとは
言わせないほど、東海圏内を中心に最も勢力をふるっている
低コストのラーメンを主力とした軽食屋で有名なのだが、
このスガキヤでラーメンを注文すると
”ラーメンフォーク”と呼ばれるレンゲの代わりのスプーンが
ラーメンどんぶり共にトレイにのってやってくるのである。
ra-men

この”通称ラーメンフォーク”
これがなかなかいい味をだしている代物で、
その形は、給食時代に使った先割りスプーンをどこか彷彿させるものがあり、
しかも、麺とスープを同時に掬えるという画期的なデザインは
割りばしの大量消費による環境問題に配慮したものでもあり、
なおかつ、市販で出回っていないとうのもあり、
通の間ではかなりの高値で取り引きされ、
最近ではグッドデザインとしてMOMAstoreでもとりあげられているほどの
”エコな逸品”なのである。

ちなみにその実代物はこれ
spoon


そんなステキなステキなスガキヤのエコなラーメンフォーク。
物心ついた頃からスガキヤをこよなく愛する私にとっては
みすみす見逃すわけがない。
ここは有無を得ず入札いっとくしかないだろう。
そして、めでたく落札した暁には
NJにある日系スーパーミツワ内にある某ラーメン店におもむき、
塩らーメンを注文。
窓の向こうのハドソンリバーを垣間みながら
おもむろにスガキヤのラーメンフォークを取り出し、
ここぞとばかりに環境問題に前向きに取りくんでいるのだという姿勢を
MY sonsに表明したい。

『どうだ~これぞMy 箸ならぬ My スプーンなのだ~~ダブルエコなのだ~~~』

>って理解できんでしょう。まだ。

.  ...

まあ細かいことはこのさい良い。
とにかく、私の人差し指は迷う事なく入札クリッ~~クの窓へと誘われたのである。

  そ~~れぇ~~�G���������͂��Ă�������

ついつい、こんなかけ声なんぞをかけてしまうほど私は浮かれていた。
ウッキウキのコンコンチキだ。
まいっちんぐマチコ先生だ。
タリラリラ~ンのこにゃにちわ~~だ。
まあ、鼻歌まで交えてでるわでるわ死語連発乱れ打ち。
通常なら言ってしまったあとに自暴自棄に陥るであろう昭和の古ギャグ。
しかし。
その時の私はこの古ギャグを連発する自分の弱い脳みそにさえ、
5月のさわやかな風が吹くのを感じていたのである。

 >重傷ですね。�{�P�[

とにかく私は浮かれていたのだ。
それほどまでに嬉しかったのだ。
ラーメンフォークを手にした時の喜びを脳裏に思い描くだけで、
小さいながらにも幸せな誕生日を迎えていたのだ。

なのに。

なのにだ。

なんなんだ。この表示。


   インターネットが接続できません����


なぜだ。

なぜ、この場におよんで電話回線が止められるんだ..
しかも、はかったかのようなタイミング。

 ~~それはねえ~~
 ~~~支払いを滞ったからだよ~~ >森本レオ風で

    だよ~だよ~~だよ~~~~~>エコーは深めで

  >娯楽強制終了 >プシュ~ン���[��
  >がっくし...orz

そして、しばし呆然とする私の視界に映るは、ゆれる膝下のむだ毛。

 あっ...密林化...

そうつぶやいた瞬間、私はハタと悟ったのである。

スガキヤのMy スプーンでエコを語る以前に
自分本来の”環境問題”に取り組まねばと。

  ただちに伐採開始。�A�C�R�������͂��Ă�������

私はキレイなおねーさんシリーズの松嶋ナナコ時代に購入した
むだ毛処理マシーンをタンスの奥からひっぱり出し
早速にも密林伐採を開始したのである。

  うい~~ん~~うい~~ン
    ううっ、うい~ん~~~
     ううっ ううっ....
うっ..
.........

 キレイなおねーさんシリーズ,
   この場におよんであっけなく充電器故障。

  密林伐採強制終了>ぷしゅ~ん���[�[��

ナナコーーーーーーーーーーー!!!!�l�n�d�A�C�R��

さけんでみたところで
動かないおねーさんのマシーン。

 >再びがっくし..�K�[��

そういえば,.,,
ウチのかーちゃんが
ついてないな~と思った時には思い出せ。っとよくこんなことを言っていた。

�G���������͂��Ă�������『自分にとって必要でないモノは望んだところで所詮去っていくものである。
 しかし本当に必要なモノは自ら望まなくてもやってくるものである』

この云われからさすれば、本日の私の場合、
スガキヤのラーメンフォークも、ナナコのむだ毛処理マシーンも
今、必要なものではないということになる。

では、一体何が必要で何がやってくるというのだ?
なんなんだ?
なんだというのだ?

とりあえず私は
まるで中途半端なミステリサークルのようになった
膝下のむだ毛無法地帯をなんとかすべく
モノは試しにと愛犬用シェーバーでむだ毛伐採を続行しながら
その続きを考えることにしたのである。

 うい~んうい~ん。

おっ?なかなか良いではないか。
右足の伐採が思った以上にキレイに仕上がり気分をよくした私は
調子にのって、この際だから左足を伐採する前に
プチミステリーサークルなんぞを描いてみることに。
ufo

 うい~ん。うい~ん。
  ううう、うい~ん~~

仮に今、もし90年代だったら、
犬のシェーバーを使って
むだ毛でミステリーサークル創りに挑戦するなんざ
間違いなく、
当初、脇毛で一世風靡した
黒木香ねーさんの度肝をぬいたであろう。

 うい~ん。うい~ん。
  ううう、うい~ん~~

黒木びっくりでござい~~~
kuroki


 うい~ん。うい~ん。
  ううう、うい~ん~~


すると。
一匹のハエ�S�L�u��がどこからともなく飛んできて
私が挑戦していたプチミステリーサークルあたりにハラリと降り立ち、
あの特有の手をこすりあわせるポーズを始めたのである。

  しゅこしゅこ。しゅこしゅこ。�S�L�u��

...そうきたか..

あまりにも連続ショッキングな出来事続きのせいか、
その手もみ姿がまるで

”おめでとう~
 ついてない誕生日おめでとう~”
����@�p�`�p�`

といわんばかりに、拍手をしているかのように見えたのは、
世界できっと私だけであろう。
 
 さ..サンキュー。ハエキチ�ɂ��΂�

 >いえいえ、どういたしまして。By ハエキチ。�O�[�I�I

>っつか、ハエに名前つけないでください!!

.....�p���_

しかしながら。
自分の誕生日ともあろう日に
このような非常にバカバカしい経過をたどりつつも、
私はひとつの見解にたどりついたのである。

 �������究極のエコとはハエに名前をつけることかもしれぬ..と。

>まっ、俗にいうアラフォーですから。
 人間以外にもいろいろありますよ。ええ。ええ。

......�~�}��

そんなこんなで。
ネット回線強制断線の間、方々からお祝いメールを頂いておりました。
みなさん、本当にありがとうございます。
今年も後半、こんな調子でがんばってまいります。

momose
2009.5.16��
【2009/05/18 14:10】 | day book | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
皆で紡ぐ命
いつもDay bookをご覧になってくださる皆様へ。

本日は、通常のDaybookをお休みさせて頂き
現在、日本で活躍中の音楽家、知野 芳彦 さんが
難病をかかえる子供を持つ友人夫妻の為に奮闘されている日記を
急遽、掲載させて頂いております。

まずはご覧下さい

===============

~皆さんにお願いです~
ikki


うちの嫁の友達のお子さん、山保一己(さんぽいっき)ちゃんが
生後1ヶ月半から難病で苦しんでいて、現在1歳1ヶ月なのですが、
今年1月に余命半年~1年と宣告されたそうです。
いっきちゃんを救うためにはアメリカでの心臓移植しか残されておらず
(今の日本の法律では15歳以下のドナー登録は認められていないため)、
それには莫大な費用がかかります。
9,900万円という到底個人では負担できない巨額のため、
先月「いっきちゃんを救う会」が結成され、
ボランティアで募金活動が行われています。

いっきちゃんを救う会
http://www.ikkichan.jp/

いっきちゃんのお母さんは嫁の友達なので、
僕も何となくの事情は嫁から聞いていたにもかかわらず、
数万円の募金はしましたが、仕事の忙しさにかまけて、
目標額には程遠い当初の募金総額を見て、
「かわいそうに...」と何となく他人事のままでした。
しかし昨日仕事が落ち着いたこともあって、
ちゃんとHPを隅から隅まで見ました。
そしてプロフィールのところに御両親の気持ちが書いてあるのを読んで、
同じ子供を持つ身として涙が出ました...

-----
1年前の1月、うちに二人目の男の子、遥介(ようすけ)が生まれました。
ですが生後2日目に異常が発見されて救急車で産院から大きな病院に運ばれ、
NICU(新生児集中治療室)に入院しました。
多血症という病気で、血液中の赤血球が多すぎて渋滞状態になり、
血液がうまく循環せずに呼吸が止まってしまうというものでした。

生まれたばかりの小さな体中にたくさんの線を繋がれた姿を見て
(もちろんそうやって24時間呼吸状態を監視しないといけなかったわけですが)、
不憫で可哀想で...
男親はおっぱいをあげることもできないし、手を握ってやることぐらい
しかできない無力な自分が情けなくて涙したのを思い出しました。

幸いにも遥介の場合は、
生理食塩水を投与したりして血液を薄める治療を続けることにより、
一週間ほどで退院することができ、脳にも無呼吸の影響はなかったらしく、
今ではそろそろ歩き始める勢いで元気に育ってくれています。

-----
遥介がスクスク育っていることは当たり前じゃないんだ!
ということに感謝すると同時に、
ほぼ同時期に生まれたいっきちゃんや家族の苦しみを、
他人事にしたまま、ちゃんと親身になっていなかった
自分が恥ずかしくなりました。

何か自分にももっとできることはないか、
このままいっきちゃんに万が一のことがあったら後悔する!
と思ってこれを書いています。

つい先週嫁の父が亡くなり、
人の命に敏感になっているせいもあるかもしれません。

HPを辿って、同じ病気で苦しんだそうちゃんという子がいたこと、
http://sou-chan.net
何人かの芸能人やスポーツ選手が見舞いに駆けつけてくれたこともあり
莫大な目標額を達成したこと、
残念ながら渡米して手術を待つ間に容態が急変して亡くなってしまったこと、
そうちゃんに集まった募金から、つい最近いっきちゃんの元に
約5000万円の寄付があったことを知りました。

そして今日いっきちゃんの両親が、
うちに音楽関係の知り合いが多いこともあって、
直接お願いに来られました。

色々話を聞くと、ラッキーなことに
手術を受けるアメリカの病院の海外枠わずか5%の中に入ることができ、
4/15に渡米することが決まったそうです。

そうなんです。
色んな人の熱意で、
いっきちゃんを救うことはもう雲をつかむようなことから、
だんだん現実味を帯びてきているんです。

ですがあと目標額まで2,500万円ほど足りません。
(術後の経過によってはさらに増える可能性もあるそうですが...)

チャリティーコンサートなどは
4/15に渡米なので時間的にもう無理かもしれません。
演奏者側の色んなデリケートな問題もあると思いますし...

御両親も「皆さんのご負担のないよう、ただ枝を増やして頂ければ...」
という言い方をされました。
とても明るく振る舞っていましたが、
生まれて1ヶ月半で息子の病気を知り、
闘病生活に加え募金活動、一人目の娘さんの世話、
そして最近余命宣告されてしまった悲しみと苦しみは
想像を絶するものがあります。
事実、嫁曰く「すごく痩せてた」とのこと。

そこでこれを見た皆さんにお願いです。

なるべく多くの方にいっきちゃんのことを知って募金してもらえるよう、
無理のない範囲で結構ですので、
ブログや日記等で告知をお願いできないでしょうか?
チラシも僕の手元にあります。
(いっきちゃんのHPでもpdfがダウンロードできます。)
もちろん告知ということではなく、
何か他に協力して頂けることや、
こうしてみたらどうか、というアドバイスでも結構です。
皆さんでいっきちゃんを救う手助けをして頂けませんか?

もう一度HPアドレスを張っておきます。
http://www.ikkichan.jp/

長文におつきあい頂き、ありがとうございました。
身近にこんなことがあったのが初めてで、
どうしていいものかよくわからず、
もしも失礼な言い回しがあったらすみません。
何卒よろしくお願い致します。

2009.4.5
知野 芳彦


=================

私もこの内容を読ませて頂き、
My sonsの寝顔を見ながらやはり一親として思うところもたくさんあり、
複雑な思いになったのは否めませんが、
まずは、個人的感情をここで連ねるよりも
この上記の記事主同様、一音楽家として出来る事をと思い
この記事を出来るだけ多くの方の目に止まるようにと、
『皆で紡ぐ命』もあるという現状を知って頂きたく、こちらで掲載しております。

日々、それぞれの生活でいっぱいいっぱいというのが現状の方も
いらっしゃるかと思いますが、

音楽関係者、及び仕事仲間たち。
日本&各国にいる友人達、
私の音楽を応援してくださってるファンの方々。
又、My sonsつながりの皆様、
こちらの日記を読んでくださった全ての方々。

ほんの少しの間。忙しくしているその手を休めて頂き、
今一度、こちらのサイトをご覧になってみてください。

いっきちゃんを救う会
http://www.ikkichan.jp/


その上で、心意気だけでも結構です。
『皆で紡ぐ命』に何かしらの形で応援、及び、協力して頂ければ幸いです。

取り急ぎ。

momose
【2009/04/07 07:31】 | day book | page top↑
悲劇もまた喜劇なり
気がつけば3月。にも関わらず、

  今年のNYは寒いね~�䂫�����

っと、まわりの誰もが言うほど
突然雪がどかんと降ったりなんぞしている今日この頃。

そんな中。

My sonどもに日本のワビザビの心を伝授するべく
即席プチエココタツたるものをこさえてしまった為、
気がつけばこのdaybookも、
まるで支払いを滞納している我が家の家賃のごとく2ヶ月も滞っておりました。

>人間、足元から暖められるとヘナチョコ人間になるのです>すんません..���[�[��

ちなみに我が家の快適プチエココタツとはこれ。

 ざかざん!
kotatsu


用意するもの)

電気毛布。
かけ布団。
ちゃぶ台2つ。

手順)

一番下に電気毛布を敷き、ちゃぶ台をセット。
そしてちゃぶ台の上に布団をかけ
もうひとつのちゃぶ台を無理矢理のせればできあがり~。
電気毛布なので何気にエコ。
まっ、ちゃぶ台が微妙にグラグラしますがその辺はご愛嬌で。

ってなわけでして、
以前こさえた力作”なんちゃってタタミ”としっぽりあいまみあった
この快適プチコタツにはいり、足元をぬくぬくさせながら
ここ最近プチはまっていた手作り和風ピザなんぞを
もふもふワシワシと幸せいっぱいな気分で食していた矢先。

 ガリっ

っという鈍い音と共に口の中に異物感を感じたのです。

 いや~な予感。

おそるおそる口の中で転がる異物を取り出してみると。

  あああ”””~~~~~~!!!!!!

どういう経路で混入したかは定かではないのですが
ほどよくアボカド状になったMy sonのミニカーのタイヤに
私の大事な差し歯がまるでオブジェのごとく
ネチっとつきささっておるではあ~りませんか。

うお~~~~~!!!
 とれてもうたーーーーーーーーーーー

>一瞬にして気分は下り坂。
 
 どよ~ん...orz

とはいえども、オブジェ差し歯を片手に途方にくれながらも
このままでいるわけにもいかず、
とにかく歯医者に行く前にできる応急処置法とやらをネットでサーチしてみたところ、

1)うまくいけば歯医者にいかなくてもすむかもしれない
  アロンアルファーを使う危険バージョン
2)あくまで保障はないがうまくいけば2~3日はくっついているという
  歯磨き粉を使う安全バージョン

がヒット。

ふむ。チャレンジャーな私としては
アロンアルファでいっておきたいところだったのだが、
以前、友人が差し歯の向きを間違えてくっつけて
エライめにあったという話をふと思い出し、
ここはやはり安全バージョンの歯磨き粉でなんとかその場をしのぐことに。
しかし、いざ洗面所に赴き差し歯に歯磨き粉をたっぷりつけ
クチをあんぐりあけ、いよいよ差し歯を固定しようとしたその時。
あの悲劇が再びおこったのです。

  背後からMy sonがどど~ん

うお~~~~~~!!!!!!

ちなみに。
年末、My sonの背後からの激突により
カウチを足の小指の上におとすという事件があったのは
みなさんも記憶に新しいかと思いますが
まさかあの時とまったく同じパターンをきっかけに
ちがった悲劇が再到来するとは予測できるはずもなく。

当然、手元がくるう。くるう。

っとくれば、

 あとはご想像どおりの展開。

そう。差し歯は排水口におちていく。おちていく。
あの、ゲゲゲのキタロウの主題歌のごとく
 
カラ~ン、,カラ~ン、カランカラン、コロン..と。


  .NO----------------------------!!!!!���J�[�c

そして脳裏によぎる
ベラぼーにたっきゃいNyの歯医者代。
しかも、診察料に加え一から差し歯をつくることを想定したら,,

 再び NO----------------------------!!!!!���J�[�c

ここはとにもかくにも落ちていった差し歯をなんとか救出するしか手はないのである。
とはいえ、S字を横にしたような複雑な形になっている配水管の構造をみるかぎり、
特殊なペンチでもないかぎりビクともしないのが現状である。
おまけに上の階の住人の部屋の洗面台と繋がっている作りになっている為、
もし今ここで上から水をながされた日には、
当然差し歯はそれこそ排水溝のもずくとなり一貫の終わりなのである。

 あせるあせる。思いっきりあせる。
 あせる、あせる。あせった私は、
 なぜかこのかけ声とともに配水管を力任せにひねってみたのである。

 カメハメハーーーーーーーーーーッ!!!
kamehameha

   
すると。

  ポキっ。

 ま、まじっすか?
 悟空パワーっすか??

って、ええええーーーーーーーーーーーーー!!

>自分にびっくり。�ɂ��΂�

火事場の馬鹿力とはこういう時のことをいうのでしょうか....
本来、素手などではびくともしないはずの配水管が
まっぷたつにおれ、それはまるでかぐや姫のごとく。
折れた配水管の片側から神々しい光を放つがごとく。
銀色の差し歯がコロリンとでてきたのです。

コロリン...

ことの他、あまりにもあっさり救出できた差し歯。
そして、ことの他。あまりにもあっさり折れた配水管片手にしばしぼーぜん。
そして、腹の底からこみ上げる笑い。

>一人ゲ~ラゲ~ラ~�܂���
 >>かなりぶきみです。

っと、その時。

 ゴお~~~~~~~~~~~~~!!�g


......

一人ゲラゲラわらっているところめがけるように
上の階の住人が水を流し始めたらしく、
排水溝から水が吹き出す吹き出す。大噴射。

.NO----------------------------!!!!!
.NO----------------------------!!!!!
.NO----------------------------!!!!!
�����N

 床はもとより、全身水浸し。
 拾った差し歯も行方不明...

.....
......

NO----------------------------!!!!!


そして、背後ではMy sonsが水とたわむれゲ~ラゲラ。
もうとめどなく収集がつかない状況に。

ええ、ええ。ドリフですよ。
ええ、ええ。オチたるもの、このぐらいわかりやすほうがいいんです。
ええ、ええ。...ええ、ええ.。

>どよ~ん~どよ~んnaku

まま、そんなこんなで。
前回、今回に続くMy sonによる2つの激突事件を振り返りつつ、

 『悲劇を喜劇にするにもモノの見方の角度次第』

という教訓をかかげ、緊急家族会議にて前向きに検討してみたものの、
My sonのとめどない勢いを止めるには
この教訓では今ひとつ説得力にかけるのではという結論に至り、
今回は某著名作家イケダケイセンセイによる『全力ウサギ標語集』の力を借り、
今後の対策として適応させ、徹底的に開き直ってみることにいたしました。

その1)『受け入れよう予期せぬ事態とツキのなさ』�ɂ��΂�
 
        ↓
その2)『非、日常、慣れてしまえば もう日常』 �{�P�[ 

         ↓
その3)『持ち越さない 心のひずみと二日酔い』�p���_


ちなみに、この標語
人間関係のいざこざにもかなりの効果が期待できるかと思いますので
みなさんのまわりで『この人、妙な人だな~』
っと、感じる人に遭遇したその節は、是非、お役立てくださいませ。

usagi
【2009/03/13 05:49】 | day book | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。